有名企業に就職したいなら、

関関同立はおすすめです。


東洋経済の「本当に強い大学」という特集号での『有名企業400社への実就職率が高い大学』というランキング では、全国の大学788校のなかで、

同志社21位 関西学院32位 立命館39位 関西大学59位(ちなみに近畿大は109位)となっている。いわゆる旧帝大である九州大学が22位、北海道大学が24位。屈指の人気国公立の神戸大が20位であることを考えると、関関同立の就職力の高さは驚くべきだと言っていいだろう。入試では、どう考えても、九州大・北海道大・神戸大のほうが、関関同立よりも難しいですから。

 

また、大学通信による『就職に力を入れている大学ランキング(近畿編)』(全国に2000の進学校の進路指導教諭によるアンケート)では

位は立命館(53ポイント)2位は近畿大学(41ポイント)3位 関西学院(21ポイント)4位 大阪大学(15ポイント)5位 関西大学(14ポイント)6位 同志社大学(12ポイント)7位 京都大・神戸大(10ポイント)と関関同立が京阪神をなんと凌いでいる。

 

 以上のことから、これは極論だが、就職のことを考えるならば、高3になって、数学も出来ないのに無理に国公立を狙って浪人するよりは、現役で関関同立に行ったほうが、賢いとも言える(ただし、理系は事情が異なってくる)。

 

これが、スマッシュが関関同立を狙う理由です。

 

 ただ、これからの時代、数学の重要性がますます増していくのは明らかなので、数学をサボれと言っているのではないことには注意して下さいね。